マークスの山

マークスの山

5 episodes
G
閑静な住宅街で起こった元暴力団員・畠山の殺人事件。事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補は、生前の畠山の足取りを追うが糸口を掴めずにいた。時を置かずして、法務省官僚である松井が殺されるという事件が起こるが、その傷口は畠山の事件のものと酷似しており、事件は連続殺人へと発展したかに見えた。