妄想代理人

妄想代理人

人々の内側で蠢く不安と弱さが最大限に増減されたとき、“少年バット”は現れる--。東京武蔵野で発生した通り魔事件。被害者である月子の不明瞭な供述から、周囲は本人の自作自演によるものと疑う。だが、第二の被害者が出て事態は一変。存在するはずがないと思われていた犯人は“少年バット”として事件を取り巻く人たちを次々と襲っていく。“少年バット”とは一体何者…。
No Results Found