ふたがしら

ふたがしら

5 episodes
G
豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)は、飛脚問屋で働いていた。彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊の一味。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事。そんな赤目の頭・辰五郎(國村隼)を敬愛していた二人だが、ある日、辰五郎は二人の手を取り、「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまう。