進撃の巨人 Season 3

進撃の巨人 Season 3

人類が永きに亘って壁の中に隠してきた、大いなる秘密--。その真実に一歩近づいた調査兵団だったが、時の王政により反逆者の汚名を着せられてしまう。しかし、人類はただ飼われるだけの家畜ではなかった。真実を追い求めるエルヴィン・スミスの執念は兵団のトップを動かし、遂に現体制に対するクーデターが勃発する。民衆を欺き続けた偽りの王は退き…。

Sorting

進撃の巨人 Season 3 第48話

進撃の巨人 Season 3 第48話

第48話 傍観者/ヒストリアの戴冠から2ヶ月。牧場で孤児たちの面倒を見るヒストリアは、人々から親しみを込めて「牛飼いの女神様」と呼ばれていた。調査兵団ではエレンが得た硬質化の能力に関する実験が行われ、対巨人兵器の開発に成功する。度重なる実験は体に大きな負担を強いるものだったが、エレンは、巨人を一掃できるなら自分の身が削られることなど…。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 第49話

進撃の巨人 Season 3 第49話

第49話 奪還作戦の夜/調査兵団の悲願であるウォール・マリア奪還作戦は、2日後に決行されることとなった。リヴァイは手負いのエルヴィンに対し出陣を控えるよう進言するが、エルヴィンは固辞。「この世の真実が明らかになる瞬間に立ち会わなければならない」と語るエルヴィンの強い意志に、リヴァイも納得してその場を去るのだった。その夜、兵舎で盛大な宴会が催され…。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第50話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第50話

第50話 はじまりの街/夜陰に乗じてウォール・マリアをめざす調査兵団。深い眠りにつく巨人の横を通り抜ける一同の中で、エレンはひとり呼吸を乱していた。「もしも奪還作戦に失敗したら?」「自分は人類を救えるのか?」--震えるエレンに声をかけたアルミンは、エレンとこれまでのことを振り返る……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第51話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第51話

第51話 雷槍/「獣の巨人」を中心とした巨人の大群が出現し、調査兵団は完全に包囲されてしまう。彼らは足となる馬を死守しつつ、「鎧の巨人」の打倒に全力を挙げる……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第52話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第52話

第52話 光臨/調査兵団が開発した新兵器・雷槍による攻撃を受けて、「鎧の巨人」は活動を停止したと思っていた。そんな彼らの目の前で「鎧の巨人」は再び動き出し、咆哮を上げる……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第53話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第53話

第53話 完全試合(パーフェクトゲーム)/辺り一帯が火の海と化した中、さらに、シガンシナ区の内と外で調査兵団は完全に二分されてしまった。一方、エルヴィンやリヴァイらは「獣の巨人」の投擲による石礫の雨にさらされていた……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第54話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第54話

第54話 勇者/絶体絶命の状況の中、調査兵団の新兵たちは、エルヴィンの指揮のもと決死の覚悟で「獣の巨人」に突撃をする。一方エレンたちもまた、ある作戦を練っていた……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第55話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第55話

第55話 白夜/エレンはアルミンの前に立ち尽くしていた。悲しみに暮れるエレンのもとに、壁の上から2つの影が姿を現す……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第56話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第56話

第56話 地下室/シガンシナ区の壁上。生き残った調査兵団はわずかであった。そしてエレンは、自身の生家の地下室へと足を進める……。【提供:バンダイチャンネル】
進撃の巨人 Season 3 Part.2 第57話

進撃の巨人 Season 3 Part.2 第57話

第57話 あの日/エレンの父・グリシャが残した本には、彼の記憶が綴られていた。まだ幼い少年であったグリシャは、ある日突然に、この世の真実と向かい合うことになる……。【提供:バンダイチャンネル】
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
※Rental items need to purchase additionally