昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第09話

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第09話

Are you the member?
第九話/時代が変わろうとも揺るぎないものがある。与太郎にとってのそれは、八雲の存在だ。刑務所で聴いた『死神』に天啓を受け、どこまでもついていくと決心したという。その真っ直ぐな想いにあてられたのか、八雲は落語と自らの死に思いを馳せる。死に場所を寄席に求めるなら、落語をしてほしい。与太郎から刑務所慰問に誘われた八雲は、最初は躊躇していたが…。【提供:バンダイチャンネル】