昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第06話

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第06話

Are you the member?
第六話/『反魂香』を演じ終えると同時に倒れ込んだ八雲は、ろうそくの並ぶ道で二代目助六に首を絞められる夢を見ていた。与太郎の声で意識を取り戻したものの、もはや高座に上がることはかなわない。与太郎は救急搬送される八雲に付き添おうとするが、耳に入ってくるのは落語を楽しみにしている客の声。「落語やんなきゃ」。高座を残していた与太郎は…。【提供:バンダイチャンネル】