ゆりあ先生の赤い糸(2023/11/16放送分)第05話

ゆりあ先生の赤い糸(2023/11/16放送分)第05話

Are you the member?
第5話 愛人vs妻 深夜の肉弾戦!/未だに意識が戻らない夫・伊沢吾良(田中哲司)の自宅介護に加え、夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)や、夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)と“隠し子”かもしれない子どもたちとの“奇妙な同居生活”…。
Series:

Sorting

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/10/26放送分)第02話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/10/26放送分)第02話

第2話 本妻vs2人目の愛人/突然倒れて昏睡状態に陥った夫・伊沢吾良(田中哲司)を、自宅で介護し始めた主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。その矢先、介護に協力するため家に出入りすることになった夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)に続いて、“寝耳に水の存在”が目の前に現れた!
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/02放送分)第03話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/02放送分)第03話

第3話 愛人たちと同居スタート!/「お二人のここからの3年間を、私に預けていただきたい」--未だ昏睡状態にあり、回復の目途が立たない夫・伊沢吾良(田中哲司)の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)と“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)に向かって、3年を一区切りに同居しながら自宅介護を手伝ってほしいと切り出した主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/09放送分)第04話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/09放送分)第04話

第4話 踏み入れた禁断の恋/昏睡状態にある夫・伊沢吾良(田中哲司)の“先の見えない自宅介護”の合間を縫って、ワンオペで息子を育てる若き便利屋・伴優弥(木戸大聖)に刺繍を教える中、ずっと薄れていた“女心”が再び芽生え始めてきた主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/16放送分)第05話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/16放送分)第05話

第5話 愛人vs妻 深夜の肉弾戦!/未だに意識が戻らない夫・伊沢吾良(田中哲司)の自宅介護に加え、夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)や、夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)と“隠し子”かもしれない子どもたちとの“奇妙な同居生活”…。
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/23放送分)第06話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/23放送分)第06話

第6話 年下の彼氏の秘密/未だ言葉も話せず寝たきりの状態ではあるものの、昏睡状態からは目覚めて徐々に回復の兆しを見せる夫・伊沢吾良(田中哲司)。同居する夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)や夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)、夫の“隠し子”かもしれないみちるの娘たちと共に介護に勤しむ一方…。
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/30放送分)第07話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/11/30放送分)第07話

第7話 愛人、隠し子…私の家族を守る!/“禁断の恋”の相手・伴優弥(木戸大聖)が、過去のバイク事故のせいで性機能障害を抱えていると知った主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。優弥は自分自身が不良品だと思っているから、かなり年上の私を相手にしたのではないだろうか--ふと湧き上がった複雑な感情を、ゆりあは拭えずにいた。
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/12/07放送分)第08話

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/12/07放送分)第08話

第8話 最終章~運命の別れ/昏睡状態から順調に回復を遂げるも、まだ言葉は発せない…はずだった伊沢ゆりあ(菅野美穂)の夫・伊沢吾良(田中哲司)。しかし、夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)とその娘たちとの同居続行をめぐって“一家”が揉める中、突然口を開き、次女・小山田みのん(田村海夏)は自分の子だと断言した!
ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/12/14放送分)第09話(最終話)

ゆりあ先生の赤い糸[解説放送](2023/12/14放送分)第09話(最終話)

最終話!運命の恋、命の決断/昏睡状態から目覚めた夫・伊沢吾良(田中哲司)がみるみる快方に向かう中、今度は自分が乳がんを患っていることが発覚した伊沢ゆりあ(菅野美穂)。彼女は病気のことは隠し、プロポーズしてくれた“禁断の恋”の相手・伴優弥(木戸大聖)に別れを切り出すことに。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
※Rental items need to purchase additionally