昭和残侠伝 破れ傘

昭和残侠伝 破れ傘

Are you the member?
「しぐれか、雨か、血の雨か…。舞う粉雪に、吼える男の唐獅子牡丹!」数年ぶりに出所した秀次郎が、郡山を訪ねる。そこには、掛けだし中の義兄弟が一家を構えるも、古くからの大きな一家と対立していた。喧嘩状を叩きつけての血の流し合い、手打ち、そして草鞋を履いての4年後。再び郡山を訪れるが、新たなる抗争に巻き込まれるのであった…。