ポプラの秋

ポプラの秋

Are you the member?
そのひとは天国に手紙を届けてくれると言いました。大好きだった父を突然亡くした8歳の千秋は、失意の母と共に引っ越してきたポプラ荘で、大家のおばあさんと出会う。父を失ったことで、心に不安を抱えた千秋におばあさんは「自分は亡くなった人に手紙を届けることができる」と話し、その言葉を信じた千秋は死んだ父への手紙に伝えたかった溢れる想いを綴っていく…。